感動の3大行事

3大行事

才教学園には、年間を通じて子どもたちの「志」を大きく育てるたくさんのイベントがあります。中でもさいきょう祭、体育祭、プレゼンテーションコンテストの3大行事は、何ヶ月も前からたくさんの練習や準備を積み重ね、一人ひとりが最高の結果を残せるように、幾つもの壁を乗り越えながら本番を迎えます。最高のパフォーマンスを発揮した達成感や沸き上がる感動が精神の成長につながります。

徹底的に勝負にこだわる

体育祭

第15回 体育祭

本校の体育祭は、徹底的に勝負にこだわります。赤白に分かれ、チームの勝利のために1年生から9年生まで一丸となって、全力を尽くします。赤白両軍キャプテンの「正々堂々と全力を尽くして戦う」という選手宣誓、気合いのこもった赤白応援合戦のあと、低学年のかけっこから熱戦の火ぶたが切って落とされます。出場種目では限界まで力を出し切り、チームメイトが出場するときは精一杯応援します。低学年生は、高学年生のお兄さん・お姉さんの姿に尊敬とあこがれを抱き、高学年生は小さい生徒を気遣い面倒をよく見て、互いに協力・団結して、チームの勝利を目指します。名物種目「タイヤ取り」では、タイヤを互いに自陣まで引き合うのですが、最後1個のタイヤをめぐりドラマが生まれます。引きずられ、砂だらけになりながらも、最後の一瞬まで力を抜かず諦めなかった生徒には、全校生徒・全観客から賞賛の拍手が鳴り続きます。激闘の結果、優勝が決まると、勝ったチームは喜びを爆発させ、負けたチームは涙を流して悔しがります。9年生キャプテンの「負けたけれど精一杯、みんなよく頑張った。来年は頼む。」の言葉に、再び涙が溢れます。勝った方も負けた方も相手の健闘を称えながら、「来年は勝つぞ」と決意を新たにします。仲間とともに正々堂々と精一杯戦った感動は、子ども達を大きく成長させます。昨年度は全校生徒での体育祭を開催することができませんでしたが、最後の体育祭が中止になってしまった9年生のみで9月に「ミニ体育祭」を開催しました。今回は、練習時間をほとんどとることができずに本番に臨みましたが、美しい入場行進、迫力のある応援合戦の後、タイヤ取りが行われ、互いに全力を尽くしての真剣勝負が繰り広げられました。9年間の経験の積み重ねを感じた「ミニ体育祭」でした。

対談すべてに全力で向き合う

齊木 りさ さん
令和2年度卒業・日本女子大学附属高等学校1年生

宮田 しいな さん
令和2年度卒業・松本深志高等学校1年生

─才教生活最後の体育祭では、どんな役割を担いましたか?

齊木)体育祭実行委員長を務めました。入場行進や体操の際は壇上に立ち、開会式、閉会式でのあいさつも担いました。

宮田)私は白組の副応援団長を務めました。団長のサポートを行いながら、応援合戦では皆の前に立ち指揮を取りました。

─新型コロナウイルスの影響で、例年とは異なる9年生のみの体育祭となりましたが、どんな思いを抱きましたか?

齊木)1年生のころから、体育祭で活躍する9年生の先輩たちの姿に憧れてきたため、後輩たちに勇姿を見せられないことが悔しかったです。

宮田)私も、低学年のころは上級生の先輩がキラキラ輝いて見えて「どうやったらあんなカッコいい先輩になれるんだろう」と思っていて。だから、後輩の前に立てなかったことが心残りです。

齊木)でも一方で、9年生だけでも体育祭ができるチャンスをいただけたことには感謝して、自分たちにとって最後にふさわしい体育祭となるよう短期間の中で集中して練習に取り組みました。

─体育祭を通じてどんなことを学びましたか?

宮田)私は「全力を出す」ことを学びました。練習から全力で取り組み、勝ち負けに一喜一憂し、より良くするために話し合い、さらに練習する。そしてこの取り組み方は、学習面でも活かすことができました。テストの合計点で競い、より良くなるように勉強してまたテストを受ける。これを9年間続けたことで仲間と互いに力を伸ばすことができました。

齊木)勉強に活かせたことはすごいよね。私は、5年生のときから応援団や放送係として体育祭に携わってきました。係の仕事を通じて「自分の役割を全うする」力が身についたと思います。

─体育祭を経験して、どんなことが自分の糧になったと感じますか?

齊木)体育が苦手なのに体育祭実行委員長になったことが一番驚きだったのですが、リーダーという立場で携われたことは大きな糧になりました。また、全力で戦った競技は勝敗関係なくすべてが感動でした。全力で練習することに価値があり、その過程で頑張った分だけ成長できたと思います。また、仲間との団結力を感じられたことも体育祭のいい思い出です。

宮田)私も「仲間の大切さ」が糧になりました。困ったときは助け合い、壁にぶつかった時には団結して改善策を見つける。9年間を共に過ごしてきた仲間との絆を感じながら自身も成長することができました。

体育祭レポート

2021年度版

体育祭/赤組応援団長・副応援団長から

応援団長  私は、今年の体育祭で二つの大切なことを学びました。&nbs...

体育祭/赤組応援団長・副応援団長から

体育祭/白組応援団長・副応援団長から

応援団長  2年ぶりの体育祭で私は、白組の応援団長を務めました。応援団...

体育祭/白組応援団長・副応援団長から

体育祭/赤組キャプテン・副キャプテンから

キャプテン  今回の体育祭は、今までで一番思い出深いものになりました。...

体育祭/赤組キャプテン・副キャプテンから

体育祭/白組キャプテン・副キャプテンから

キャプテン  「マスク」。 これが、今回の体育祭の象徴であると私は考え...

体育祭/白組キャプテン・副キャプテンから

体育祭/装飾・誘導係長から

装飾・誘導係長より   初めて担当した裏方の仕事はとても楽しく、充...

体育祭/装飾・誘導係長から

体育祭/得点係長から

得点係長(審判長)より   私は今回の体育祭で得点係長を務めました。な...

体育祭/得点係長から

体育祭/放送係長から

放送係長より 体育祭で放送係は、主に競技の説明、競技中の実況、BGMの再生を行っ...

体育祭/放送係長から

体育祭/用具係長から

 用具係長より 今回の体育祭で私は用具係長を務めました。用具係は「...

体育祭/用具係長から

第16回体育祭① テーマの紹介・入場行進(Ⅰ期生)

静かに闘志を燃やしながら、開会のときを待つ生徒たち。正面の式台に立つ実行委員長。...

第16回体育祭① テーマの紹介・入場行進(Ⅰ期生)

第16回体育祭② 入場行進(Ⅱ期生)・開会式

入場行進(つづき) 〈5年〉体育祭における5年生のテーマは「チャレンジ」と「主体...

第16回体育祭② 入場行進(Ⅱ期生)・開会式

第16回体育祭③ 応援合戦

最初の種目は全校生徒による応援合戦。この応援合戦も得点獲得につながる大切な競技...

第16回体育祭③ 応援合戦

第16回体育祭④ 大玉運び

大玉運びは5・6年生による1回戦と7~9年生による2回戦が行われました。&...

第16回体育祭④ 大玉運び

第16回体育祭⑤ 一球入魂

  さて、1・2年生にとっては、初めて経験する才教学園の体育祭。入場行...

第16回体育祭⑤ 一球入魂

第16回体育祭⑥ 棒引き

3・4年生が総力を上げて臨む「棒引き」は、今年は一部ルールを変更して競技を実施...

第16回体育祭⑥ 棒引き

第16回体育祭⑦ 台風の目

7・8年生による「台風の目」は、4人1組で長い棒を持ち、コーンを回ったりバーを...

第16回体育祭⑦ 台風の目

第16回体育祭⑧ 大綱引き

終盤は高学年の競技が続きます。 5・6年生の「大綱引き」は、15名ずつの入れ替...

第16回体育祭⑧ 大綱引き

第16回体育祭⑨ 選抜リレー

5年生から9年生による選抜リレーは、例年より走者の数を減らし、1学年男女4人ず...

第16回体育祭⑨ 選抜リレー

第16回体育祭⑩ タイヤ取り

最終種目は、最高学年9年生が持てる力の全てをぶつけあう「タイヤ取り」。毎回、見...

第16回体育祭⑩ タイヤ取り

第16回体育祭⑪ 閉会式~個人賞・総合優勝・MVPの発表

閉会式では、まず個人賞の発表が行われました。かけっこと短距離走で男女それぞれ学年...

第16回体育祭⑪ 閉会式~個人賞・総合優勝・MVPの発表

2学年担任から:一球入魂

昨年度はコロナウイルスの感染防止のため体育祭が中止。 1、2年生合同の玉入れは、...

2学年担任から:一球入魂

2学年担任から:かけっこ

  1、2年生のかけっこは直線コース。前だけを見て、ゴールテープ目がけ...

2学年担任から:かけっこ

3年生の感想:棒引き

棒引きは私たちのチームが毎日負けていて、ずっと「くやしいな。くやしいな。どうすれ...

3年生の感想:棒引き

3年生の感想:短距離走

走る直前まで、「絶対に最後まで駆け抜ける」と、とってもとっても、火が燃えるくらい...

3年生の感想:短距離走

6年生の感想

  5・6年生の競技、大綱引きの赤組リーダーを3人で務めました。リーダ...

6年生の感想

8年生の感想

  私はこれまで、何度か学年のリーダーとして活動をしてきました。しかし...

8年生の感想