気高い
を抱くために

本校では、心身の発達段階に合わせ、4年・4年・1年の3期にわたりステップアップしていくよう、人格を育んでいきます。具体的には、志を芽吹かせる土壌作りとして、「倫理観」「愛」「勇気(チャレンジ精神)」に満ちた校風を築くため学年ごとにテーマを掲げ、日々の指導を行っています。

指導方針7つの基本方針 ~本校が大切にしていること~

1.貪欲に、謙虚に、常に知力の向上に努めること

生徒の本分は「学びに励むこと」。
 机上での学び、五感を使った活動を通しての学びなど、様々な刺激を受け、学び尽くそうとする気概を持つことが大切です。新しい知見をどこまでも吸収しようとする「貪欲さ」と、驕ることなく、物事の真理に率直に向き合う「謙虚さ」。これらを持ち合わせ学んでいくことで、未来の自分を作り上げる知力を磨き上げていかなければならないと考えます。

2.礼節を重んじ、人の心を慮ること

儒学を大成させた孔子は、人への親愛や、優しさを意味する「仁」を重要項目とし、その表れが礼だと説いています。「イ(にんべん)」に「二」と書くこの文字からも分かるように、人とのつながり(人間関係)は、先ずは相手を思いやり、その考えを尊重しない限り、決して良いものにはなりえません。人の心を慮り、人の心に寄り添うことこそ、いつの時代においても大切にしなければならないことだと考えます。

3.労を惜しまず、凡事を徹底すること

当たり前のことを当たり前に、挫けることなく日々積み重ねることが何よりも心の鍛錬となり、何事にも負けない強い心を育むことにつながります。心が強くなれば、人に対しての寛容さや優しさも自然と生まれ、「仁」を備えた、人の気持ちがわかる人として成長することができると考えます。労を惜しまず、凡事を徹底することの大切さを、学校生活の様々な取り組みの中で実感できるようにしていきます。

4.正直さを忘れず、卑怯な行いを恥とすること

いじめ、からかい、陰口悪口などは、人としてやってはならない卑怯な行為です。子どもたちには、それを「人の恥」として真剣に考え認識してほしいと常に思っています。米国の文化人類学者のルース・ベネディクトは、日本の文化を「恥の文化」と規定しました。「恥を知る」ということは、日本の伝統的な美しい行動規範です。「何が恥か」を常に考え行動し、周りの人々を正しい方向に導くことのできる人に成長してほしいと願っています。

5.何事にも前向きに、全力で取り組むこと

日々の学習や数多くの学校行事において、本校では、前向きにそして全力でそれらに取り組む姿勢を何よりも大切にしています。前向きに全力で取り組むことは、子どもたちが、学校生活の中で数々の成功体験を収める礎となります。そして、数多くの成功体験は、子どもたちが自信を深め、自己肯定感を育んでいくことにつながり、やがては主体性や自立心といった義務教育課程の中で習得しなければならない力の芽生えを促すと考えます。

6.理想を掲げ、果敢に挑戦すること

高いハードルを設定し、乗り越えるために全身全霊を込めて挑戦することではじめて魂が揺さぶられる感動を体験することができます。感動を積み重ねることで、精神が洗練され、「善の心」が芽生えます。そして、それこそが世の中を正しい方向に導き、人々に幸福をもたらす気高い志の芽吹きにつながります。子どもたちの「全力・真剣な挑戦」が尊重される「安心・安全な環境」を作り出すことは本校の大切な使命の一つと考えます。

7.日本の伝統や文化を大切にすること

グローバル化が叫ばれている今だからこそ、生まれ育ってきた自国の伝統や文化をきちんと学び、理解しなければいけません。そして、それらを理解するだけでなく、大切にする気持ちを持って、誇りを持って、自立した人として世界にかかわっていかなければならないと考えます。国、国を形づくる地域社会、それを構成する世帯、そして自らを取り巻くすべての人々とのつながりに感謝し、力を注げる人になってほしいと願っています。

ステップシステム4.4.1

源人格を築く

吸収能力と習得能力に優れた時期である1年生から4年生の間に、正しい道を示し、高い志を育む基本人格を形作ります。人格の面では志を芽吹かせる土壌となる倫理観、愛、チャレンジ精神を高める指導を行います。学力面では、生涯続く「学び」の基本姿勢をこの時期にしっかりと身につけられるよう、興味を引き出し、わかる喜びを数多く経験できるカリキュラムを提供します。

みんなの気持ちを考えて行動し下級生のお手本に

才教学園の授業では、皆の前で発表をする機会が多くあります。自分で調べることで知識を深め、また新たなことに興味をもつきっかけになります。4年生では学級長としてクラスの問題解決に取り組み、みんなの気持ちを考えることの大切さに気付きました。その経験を活かし、下級生のお手本になりたいです。

須藤 爽斗(5年)

志を育てる

第Ⅱ期は、自分の才を意識し、役割を認識しながら夢を抱く、志の黎明期です。この時期は、自ら考え、判断する機会が多くなります。人としての正しい行いを意識しながら、高い志に向かって自分を高められるよう指導していきます。学力面では、学問として面白くなる各教科で知的好奇心を満たす授業を行い、自発的に学習に取り組む姿勢を育てます。特に思考力・分析力・判断力、表現力を鍛える機会が多くなります。

当たり前のことを徹底しより良い学校へ

私は生徒会長として「学校を良い方向へ引っ張っていく」ことを目標に掲げています。例えば日ごろの挨拶や、礼節、態度など。当たり前のことを当たり前に行う力が、学校生活はもちろん、社会に出てからも必要であると考えるからです。自らが見本となって陣頭指揮を取り、より良い学校を目指します。

坪根 龍惺(9年)

志を立てる

第Ⅱ期で思い描いた高い志の実現に向けて、具体的な進路を選択する第Ⅲ期。才教学園9学年のリーダーとしての振るまいと役割を果たし、かつ希望の進路に向けてがむしゃらに勉強する姿は、後輩にも好影響を及ぼします。人格と学力を最高に高め、自分だけの確固たる志を立てられるよう集大成の指導を行います。

学校生活で得た多くの学びを財産に

毎年、新たな学びが得られるさいきょう祭。9年生では実行委員長をつとめ、皆の力を結集して舞台を作り上げることの難しさと楽しさを知りました。才教には意識の高い仲間が多く刺激を受けられます。また専門知識を持つ先生方のおかげで勉強の楽しさも見い出すことができ、充実した9年間でした。

塩原 遼大(令和2年度卒業・松本深志高等学校1年)

世界に触れる体験をする
~多岐にわたる研修~

学年ごとに行う研修旅行や修学旅行は、それぞれ濃い内容です。それらの経験を通して学習をさらに発展させたり、自身を振り返ってみたりと、生徒それぞれが刺激を受けるきっかけとなります。なかでも9年生の修学旅行は、様々な困難を仲間と乗り越える貴重な体験となり、生徒たちは人間的に大きく成長します。

例年のプラン

本校ではたくさんの課外活動があり、5年生からは、宿泊を伴った旅行を毎年行っています。全ての旅行が、明確な学びの目的を設定した上で行われ、単なる物見遊山ではなく、今後の学びに繋がるようになっています。昨年度は、新型コロナウイルスの感染予防対策を最大限に行いながら、目的地を変更して行いました。今後も感染予防対策に気を配りながら、実りある旅行を企画していきます。以下、例年行われている各種旅行を中心に紹介します。

研修旅行6年生

東北地方に2泊3日の研修旅行に行きます。福島県会津では、激動の幕末、会津の地で誇り高く武士道を貫いた少年たちが、教育を受けた『日新館』と『白虎隊』の生き方を知り、自分の弱さを克服するきっかけとすること。岩手県平泉では、世界遺産、中尊寺をはじめとした、奥州藤原氏に縁のある地を訪れることで、先人の生き方に学び、今後の自分の人生に生かすこと。宮城県石巻では、未曾有の大災害の現場を目の当たりにし、自然の猛威を実感することで防災意識を高めるとともに、復興途上の現実や避難を余儀なくされている人に対し、自分は何ができるのか、世のため人のために尽くすとは、どういう生き方をすることか再考すること。これらの経験を通し、第Ⅱ期の中間で、志について更に深く考えるきっかけとなります。昨年度は、新潟県、富山県を訪問しました。立山アルペンルートの圧倒的な自然に触れ、日本一の高さを誇るアーチ式の黒部ダムの建設に携わった方々へ思いを馳せました。ホテルで夕食時に行ったテーブルマナー講習も有意義でした。

宿泊研修5年生

日本のモノづくりの原点である、職人が伝統的な手作業で物を作る現場を見学することから始め、日本の基幹産業であるロボットを駆使した最新の自動車工場を見学します。今の豊かさを支えている「日本のモノづくり」と、それに人生をかけて取り組む人々の姿に触れ、社会科の学習のみならず、自身の将来像や生き方の刺激にもなります。昨年度は、長野県内の南信方面に赴き、数々の信州の自然、産業、名勝に触れ、ふるさと長野県の価値を再認識しました。

宿泊研修7年生

世界遺産となった長野県にもゆかりの深い富岡製糸場、松代大本営、無言館を見学します。近代の富国強兵策から、戦争へと向かった歴史をたどることで、「平和の意義」や「先人の努力によって築きあげられた平和」についての学習を深めます。昨年度は、キャリア教育の一環で、旅館甲子園で優勝実績もある渋温泉の「さかえや旅館」に宿泊をさせていただきました。一流のサービスに触れながら、そこに込められたおもてなしの心を感じ、「働くことの意義」についてのお話をしていただきました。

修学旅行9年生

オーストラリア修学旅行2019

本校の修学旅行は文字通り「修学」で、生徒たちにあえて高いハードルを設定します。強い意志がなければ決して乗り越えることはできません。令和元年度は、オーストラリアのメルボルンに行きました。メインの活動は、姉妹校のParktone Primary School(以下 Parktone)との交流とホームステイでした。才教生の訪問に合わせ、Parktoneが日本文化に親しむイベント「Japanese Day」を企画してくれたため、9年生は渡豪前に各グループで披露する内容を考え練習を重ねました。最初こそ緊張していた生徒たちも、アクティビティを実践していくうちに積極性を発揮し、英語を駆使しながら和菓子づくり、折り紙、かるたを楽しみました。ホームステイでは、日頃学習してきた英語で会話ができた喜び、文化や生活習慣の違う国の人と生活を共にすることでわかる異質性、人としての同質性など、日本人同士では味わえない貴重な体験をすることができました。現在でも交流は続いています。困難にぶつかり、苦労を重ねながら、全力でチャレンジすることでしか得られない体験が、大きな自信へとつながり、人間として大きく成長できるのが本校の修学旅行です。昨年度は、入国制限でオーストラリア行きは叶わず、最終的に東北地方と函館方面への修学旅行となりました。

いつまでも守り続けたい美しい風景

城谷 一香さん

(令和2年度卒業・松本深志高等学校1年)

十和田湖から流れ出る唯一の川「奥入瀬渓流」の美しさに心が震え、私たちにはこうした美しい自然の風景を守っていく義務があると実感しました。コロナ禍で一度は諦めかけた修学旅行でしたが、無事に実施できたのも、先生、保護者、見学先やホテルの方々のおかげです。感謝の気持ちを抱くと共に、これまで「当たり前」と感じていたことが、どれだけ大切でかけがえのないものであるかを学びました。

日本ならではのおもてなしの心に感動

竹内 渉真

(令和2年度卒業・佐久長聖高等学校Ⅰ類1年)

コロナ禍で行き先は変わりましたが、北海道、東北の素晴らしさを感じることができた修学旅行でした。北海道では、これまで教科書などで目にしてきた「五稜郭」を間近に見たことで学習への意欲がさらに高まりました。宿泊先の宿では、働く皆さんの丁寧な対応から日本ならではのおもてなしの心に触れ、あいさつや礼節など、普段当たり前にしていることの大切さを改めて感じました。

体育祭

全学年合同で行う体育祭は、赤白真っ二つに分かれて徹底して勝負にこだわり、全力の戦いを繰り広げます。低学年生は高学年生の姿に憧れ、高学年生は低学年生を気遣い、共に団結して勝利を目指します。勝敗が決したあとには、勝った喜び、負けた悔しさで共に涙を流し、正々堂々と精一杯戦った感動は、子ども達を大きく成長させます。

体育祭の詳細はこちら

さいきょう祭

千人規模の会場を借りて行われるさいきょう祭では、合唱、合奏、ミュージカルなど猛練習の成果を大観衆の前で披露します。例年、観客の方々も想像以上の演技に大きな感動に包まれます。より良い作品を目指してのつらい練習や意見の食い違いなど、壁を仲間と支え合いながら乗り越え、会心の演奏・演技ができた達成感は、万雷の拍手の中で感動とともに子ども達の心に刻まれます。

さいきょう祭の詳細はこちら