1. ホーム
  2. 第Ⅲ期(中学校3年)

第Ⅲ期(中学校3年)

第Ⅲ期(中学校3年)

第Ⅱ期で思い描いた高い志の実現に向けて、具体的な進路を選択する第Ⅲ期です。
才教学園9学年のリーダーとしての振るまいと役割を果たし、
かつ希望の進路に向けてがむしゃらに勉強する姿は、後輩にも好影響を及ぼします。
人格と学力を最高に高め、真のエリートの雛として巣立っていけるよう、集大成の指導を行います。

9年生は学校全体のリーダー

1・2年生から見ると、ものすごく大きなお兄さん・お姉さんである9年生は、ことあるごとに8学年の後輩を意識した行動を要求されます。体育祭で赤白各チームを率いて戦う9年生は低学年のあこがれの存在です。リーダーとして期待される役割、身につけた学力から想起する将来の理想、これからももっと伸ばせる自分の能力、志の3要素「才」「夢」「役割」の意識がますます高まり、真のエリートとしての高い志が徐々に形作られていきます。その想いが叶うための最適な進路を選択できるように導いていきます。

修学旅行

本校の修学旅行は文字通り「修学」で、生徒達に敢えて高いハードルを設定します。強い意志がなければ、決して乗り越えることはできません。
昨年度は、長崎、鹿児島、屋久島へ行きました。中でも屋久島での縄文杉トレッキングでは、往復10時間、距離22kmを歩き通しました。朝5時に宿を出発し「荒川登山口」までは、バス移動、そこで朝食をとった後、歩き始めます。川に沿ってゆるやかな登りのトロッコ線路上をひたすら歩いた後、「大株歩道入り口」から傾斜の厳しい本格的な山歩きとなります。生徒たちはお互いに助け合い、励まし合いながら約5時間、ついに縄文杉到着です。縄文杉から伝わってくる太古の息吹を実感した後、帰路も再び5時間、宿に戻ったのは午後7時でした。険しい山道の中、歯を食いしばって歩き通した達成感は、また一つ大きな自信となりました。
今年度は、オーストラリア・メルボルンに行きます。メインの活動は、昨年姉妹校提携をしたParktone Primary Schoolの生徒さんとの交流とホームステイです。旅行の前に、クリスマスカードの交換やSkype等を通して交流を深めてきました。現地では訪問日に合わせてJapanese Dayというイベントが行われます。その中で、本校の生徒は、折り紙、カルタ、日本の演劇、日本の昔の遊び等を英語で全校生徒に伝えてきます。その後のホームステイでは、日本とオーストラリアの文化や生活の違いについて語り合います。言葉の壁を越えた交流の中で、コミュニケーションにおいて大切なことは何かを体得できる絶好の機会となります。
困難にぶつかり、苦労を重ねながら、全力でチャレンジすることでしか得られない体験が、大きな自信へとつながり、人間として大きく成長できるのが本校の修学旅行です。

 

 

小林 凌大君

(29年度卒)

明確な目標に向かって行動できる環境
才教学園での9年間の学びで特に良かったことは、1年生から9年生まで同じ校舎で学ぶ環境です。様々な行事などを通して、先輩と後輩との接し方やみんなで取り組むことの素晴らしさを学ぶことが出来たと思います。また、才教には、世のため人のために尽くすという明確な学校使命があります。自分の才能を「どう人のために生かせるのか」考え、常に自分の目標をみつけ、行動につなげることができる学校だと思います。