1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 昔なつかしい遊びで祖父母のみなさんと楽しいひととき

ニュース&トピックス

昔なつかしい遊びで祖父母のみなさんと楽しいひととき

投稿日:2015.11.24

小学校 第Ⅰ期

1118日(水)、小学1年生が「昔の遊びを楽しむ会」を行いました。40名近くの祖父母、保護者のみなさんに教わりながら、昔の遊びを楽しみました。

 

さいきょう祭で、「昔の遊びの楽しさ」を劇にして披露した1年生。休み時間や放課後を使っておりがみやけん玉で遊ぶことはありますが、おはじきやめんこ、お手玉を見たのはほぼ初めてで、

「どうやるのか分からないです…。」

 

そんな子どもたちに、祖父母のみなさんが丁寧に遊び方を教えてくれました。「綺麗なガラス」だったおはじきや「丸い厚紙」だっためんこが楽しい道具となり、みんなで夢中になって遊びました。体もどんどん温まり、教室のガラスがくもるほどの熱気に包まれました。

おじいさんおばあさんに得意な遊びを披露していただいた際は、こま回しでも、お手玉でも、「おぉ~!!」「すごい!!」と歓声や拍手が起こりました。

「どんなことも最初は難しいけれど、だからといって簡単にあきらめないこと。そうすれば、うまくなるし力もつくよ。」とのお話に、子どもたちは大きくうなずいていました。

最後にみんなで大きな輪をつくり、「まっかな秋」を歌って、会は終わりとなりました。

 

思い切り遊んでいる時のキラキラした笑顔におとなと子どもの区別はなく、世代が違っても、人と人との関わりが遊びをより楽しいものにしてくれると感じたひとときでした。

懐かしい遊びがたくさん

コマにひもを巻きつけるのはちょっと難しい…

しゅりけん、風船…1枚の紙が大変身