1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 感動作文コンクール 塩原くん(8年)が中学生の部最優秀賞

ニュース&トピックス

感動作文コンクール 塩原くん(8年)が中学生の部最優秀賞

 第33回感動作文コンクールで、中学生の部・最優秀賞に本校の塩原遼大くん(8年)が選ばれました。

このコンクールは公益財団法人上廣倫理財団が毎年、全国の小・中・高校生(海外日本人学校含をむ)を対象に開催しているもので、今回の応募総数は約24,000点、中学生の作品はそのうち約13,000点だったそうです。

 

塩原くんは、松本市の代表として派遣された広島平和記念式典(20198月)での経験を、「忘れ難き記憶」という題で作文。被爆された方から聞いた話、平和記念公園に据えられた碑文や原爆資料館で触れた凄惨な過去に寄せる思いが伝わってくる文章です。

 21日(土)には東京都内で行われた表彰式に参加。「(広島での式典に)派遣が決まり、戦争について家族で話す機会をもった。実際に自分が見て聞いて体験したことを文章にすることに難しさはあったけれど、感じたことを素直に書くことが大切だと思った。」と話していました。

表彰式で作文を朗読する塩原くん