1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 全校で交通安全教室

ニュース&トピックス

全校で交通安全教室

9月25日(木)、松本市交通安全課と交通安全支援センターから6名の講師をお迎えし、交通安全教室を行いました。
小学校5年生以上の全学年では、自転車事故の事例や内輪差による巻き込みの危険性についてご指導いただきました。大型車両が交差点やカーブを曲がるとき、その後輪は思ったよりずっと内側を移動します。走行軌跡に注意して、安全な行動をとれるようにしなくてはいけません。
小学校低学年では、「なんのために交通安全教室を行うのか」という問いかけに対し、たくさんの手が挙がりました。「事故にあわないため」「まわりに迷惑をかけないようにするため」と、目的をはっきり答え、自分も周りの人たちも安全に通行するためのマナーについて考えました。
小学4年生には、主に自転車の乗り方や点検について説明をしていただきました。自転車免許の取得に向けて、お話を聞きながらノートに一生懸命メモを取っていました。「ブ・タ・は・しゃ・ベル」の点検作業を行い自転車を大切に使うこと、危険を予知し、正しく楽しく快適に自転車に乗ることを約束しました。
 
「車があまり通らない道だから、反対側へ突っ切っても大丈夫だろう」
「信号が点滅しているけど、急げば間に合うだろう」
このような思い込みによる「だろう運転」はとても危険なもの。
「歩行者が突然飛び出してくるかもしれない」
「前の車は急に曲がるかもしれない」
と、常に危険を予測した「かもしれない運転」を心がけることが大切です。
短時間ではありましたが、ルールやマナーと共に、自分自身の安全も一緒に守るということを改めて学ぶことができました。
講師の皆様、ありがとうございました。