1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 英語を使ったゲーム 8年生がリード「英語の森」

ニュース&トピックス

英語を使ったゲーム 8年生がリード「英語の森」

 1月18日(土)、3年生から8年生までの生徒が「英語の森」を行いました。

 

Hi!

Hello!

Thank you.

Bye!

 英語の挨拶や、歓声、拍手、そして笑い声が至る所から聞こえてきます。

 

 今回の「英語の森」は、8年生が準備に1ヶ月以上費やした企画です。教室を宝の眠る洞窟に見立てた「Treasure Hunt」、ビンゴや神経衰弱ゲーム、「Ghost Maze(お化け屋敷迷路)」など、3年生から6年生までの後輩たちを楽しませる仕掛けが至る所にちりばめられ、英語を使ったゲームは大いに盛り上がりました。

単に「楽しいゲームを提供する」だけでなく、全体を見渡してどのように運営すればいいかを考えていた8年生の姿から、学校のリーダーとなる意気込みも伝わってきました。その8年生をサポートし、低学年の誘導係を担った7年生たちにも、伝わるものがあったはずです。

 

 閉会式では、英語で司会・進行を行う8年生に対して、4年生も一生懸命英語で感想を伝えてくれ、温かい雰囲気に包まれました。

最後は校長先生から英語で講評があり、大成功となりました。

 英語学習への意欲も高まり、才教学園の生徒同士で兄弟姉妹のような交流を楽しめるイベントを、生徒の力で作り上げることができました。

BINGO

盛り上げ方もばっちり

Word Bank