1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. 第Ⅲ期

第Ⅲ期[ニュース&トピックス]

第18回体育祭 総合優勝は赤組

5月21日(日)、18回目となる体育祭を行いました。
赤組と白組がしのぎを削った対決。今年の総合優勝は赤組でした。
このように体育祭ができたことへの感謝の気持ちをもって全力で取り組んだ生徒たちの雄姿は、赤白分け隔てなく、また、学年の違いも関係なく、すばらしいものでした。


感染症にかかる規制が緩和されたこともあり、多くの生徒がマスクを外して臨んだ体育祭。学校グラウンドで晴天時に練習に励んでいたことを物語るような、うっすらマスク型の日焼け跡が残る顔も清々しく見えました。


ご来賓の皆様、保護者の皆様にはお忙しい中ご来場いただきありがとうございました。あたたかく、ときに熱い拍手と声援は、生徒の頑張りを100%以上に引き上げてくださいました。
また、連日会場を使わせていただいた信州スカイパーク・やまびこドーム管理関係者の皆様にも感謝申し上げます。
そして後輩の応援や片付けに力を貸してくれた卒業生のみなさんも、ありがとうございました。

第18回 体育祭

第18回 体育祭


才教学園の名物行事の一つである体育祭。
勝負にこだわり、全力真剣な戦いの中にこそ生まれる勝利の感動や相手への賞賛の気持ちを実感し、生徒が人間としてさらに成長するための行事です。ご来場、ご声援をお願いいたします。



日時:5月21日(日) 8:20~13:15(予定)


場所:信州スカイパーク やまびこドーム



スローガン: 勇往邁進 ~巻き起こせ 才教旋風 ~



一般の方もご覧いただけます(要事前予約)。ご来場の際は、会場入り口の受付にお声がけください。

体育祭のため、日々『勇往邁進』

 大型連休が明け、5月21日の体育祭まではあと2週間となりました。第18回体育祭スローガンが『勇往邁進』に決定したことはすでに実行委員会から発表されており(4月22日)、このほどポスターデザインの募集が終了したところです。
 5月8日は雨に洗われた新緑と澄んだ空気の中、グラウンドの状態も徐々に回復し、屋外練習を行えた学年もありました。今後、全校での行進や、応援団を中心とした赤組、白組の応援練習にも一層力が入っていくことでしょう。


 例年より早い日程での開催で気も逸るところですが、熱中症やケガなどが無いように努め、今年も心に響くすばらしい体育祭になることを期待します。
 保護者の皆様においても、子どもたちが自らの力を発揮できるよう、サポートをよろしくお願いいたします。

4月の全校練習のようす

競技練習の道具出し、生徒が積極的に行っています

1学期授業参観 ご来校ありがとうございました

 4月25日から28日の4日間は1学期授業参観があり、多くの保護者のみなさんに子どもたちの授業での取り組みをご覧いただきました。


 25日、6年生の1クラスは、理科でガスバーナーを使い木片の燃焼に挑戦。マッチを使ったバーナーへの着火、2つのねじを回して火力を調節するなど、手順に沿ってほどよい炎に仕立て、実験を進めていました。
 26日、3年生は国語辞典の使い方を学習。「"あ行"にある、かたいもの」を探し、なぜそれを選んだのか理由も発表して、保護者投票で順位をつけました。複数のグループが『いんせき』を挙げたため、担任から「より説得力のある理由をつけてみようか」との一言があり、子どもたちは笑いと困惑の表情に。
 27日、1年生は国語の授業でことば探しをしました。保護者のみなさんのあたたかいまなざしに見守られながら、学校で初めて経験する授業参観。発表するときには、恥ずかしそうな、それでいて誇らしそうな表情を見せていました。
 最終日の28日は、中学校課程全3学年の参観日でした。8年生は2クラス合同で、音楽と総合的な学習の時間を併せ「ミニミュージカル」を披露。9年生は「修学旅行報告会」と題し、グループごとに学びの成果を発表しました。 


 保護者の方々には、お忙しい中ご来校いただき、参観、学級懇談会と長時間のご参加をありがとうございました。


(画像は上から1年、3年、6年、8年、9年)

9年「修学旅行報告会」5日間をともにした学校長も、ときに頷きながら見守っていました

防災避難訓練 初期消火の対応も

 今年度初めての避難訓練を4月14日に行いました。芳川消防署から3名の隊員のみなさんにご来校いただき、校内で出火を確認したところから全生徒が避難完了するまでの行動を見ていただきました。
 放送による火災の周知があり避難指示が出ると、生徒は教職員の声がけを聞きながら、慌てず速やかに屋外へ移動。学校長がいつも話しているように、「訓練は真剣に取り組んでこそ」を実践し、有事における適切な行動を全生徒と教職員が共有、確認しました。
 初期消化訓練には生徒・教員から数名が参加し、火元に見立てた三角コーンに向けて模擬消火を行いました。訓練用のため消火剤ではなく水が出ましたが、使い方は本物と同じ。ひとりひとりが正しい使い方と校内の設置場所を覚え、「もしも」に備える大切な機会となりました。

熱気や煙を吸わないよう口元をハンカチ等で押さえ、校内から屋外へ避難

水消火器を使った模擬消火

Ⅱ・Ⅲ期生としての決意 令和5年度進級式

 Ⅱ期生としての生活が始まった5年生と、才教学園の最高学年となった9年生が、4月7日にそれぞれ進級式に臨みました。


第Ⅲ期進級式
 学校長は「いい顔をしていますね。この1年、本校を様々なかたちで牽引してください。そのうえで心の中に留めてほしいことがあります」と前置き、18年をかけて積み上げられた伝統と9年生独自の視点のバランスをとり、19年目の才教学園に新たなページを作ってほしいと話しました。
 9年生のみに着用が許される青いネクタイを受け取った林美怜奈さんは、「才教学園の学校理念と基本方針に則り、規範となる行動を後輩に見せる」と表明。
 それまでしていた赤いネクタイと付け替えた後は、クラスごと、また学年全員での記念撮影を行いました。


第Ⅱ期進級式
 生徒代表挨拶で壇上に立った師岡慧さんは、「Ⅱ期の4年間は、夢を夢で終わらせず、高い志に手を届かせるための中間地点」と位置づけ、責任ある行動で後輩が憧れるような生徒になることを目指したいと話しました。


 進級式は学校で生徒と関係教員のみで行われ、保護者の方々にはライブ配信でお届けするかたちをとらせていただきました。巣山教頭の呼びかけに応じ、最後には後方に置かれたカメラに向かって一礼。配信終了間際でしたが、緊張が和らいだ生徒たちの表情をご覧いただけたのではないかと思います。

第Ⅲ期(9年)進級式

最高学年の証、青いネクタイで記念撮影(第Ⅲ期進級式)

学校長の話に耳を傾け真剣なまなざしの5年生と、立派な挨拶をつとめた師岡さん(第Ⅱ期進級式)

生徒会オリエンテーション 5年生が仲間入り

 生徒会が主催するオリエンテーションが4月8日にありました。オリエンテーションは感染症対策を講じてライブ配信とし、メイン会場である講堂からは三役を筆頭に生徒会の核となる9年生が委員会や部活動の紹介を行い、5~8年生は各教室でモニター越しに発表を視聴しました。途中、音声が届かないトラブルが発生しましたが、生徒と先生たちが連携して対応にあたり、"テイク2"となった部のみなさんは1回目よりリラックスした様子でカメラの前に立っていたように見えました。


 この4月から生徒会の一端を担う5年生のみなさん、先輩たちのプレゼンはどうだったでしょうか。
 会の終わり、学校長、教頭両先生と席を並べ、オリエンテーションに臨んだ5年生の岡田さんは、「Ⅱ期生の活動は初めてのことばかり。先輩方の姿から多くを学び、新しいことにも真剣に全力で取り組みます」とあいさつしました。学校長からは「わかりやすく楽しい紹介でした。学校の中では、委員会も部活も大切な学びの場。新たな挑戦をしてみたい、興味関心がある、責任を果たせるかといった観点で、5年生には所属先を決めてほしい」とのお話がありました。
 Ⅱ期生、Ⅲ期生のみなさんが、9年生を中心に活気ある活動で学校を盛り上げてくれることを期待しています。

委員会の活動紹介

趣向を凝らした部活動紹介

9年生を前に挨拶する5年生の代表者

令和5年度入学式

 4月6日、まつもと市民芸術館にて令和5年度入学式が挙行されました。新入生は保護者の方々と教職員の拍手でホールに迎え入れられ、客席内の通路を慎重に一歩ずつ進んで入場。まさに「新しい一歩を踏み出した」日となりました。
 学校長から入学許可をもらい、晴れて才教学園の一員となったみなさん。ともに切磋琢磨していきましょう。


 新入生代表のあいさつでは、新1年生の三澤昊來(そら)さんが才教学園でやりたいことなどを堂々と、丁寧な言葉で語ってくれました。



 また、7日に行われた始業式(ライブ配信形式・生徒は教室で視聴)で、学校長から「生徒のみなさんには好奇心旺盛になってほしい」ということを軸に、次のようなお話がありました。


知るを楽しむ
ひとつの型にはまることなく、様々なかたちで学ぶことを楽しもう
感じるを楽しむ
いろいろな体験をし、そこから湧き上がる感情で五感を刺激することを楽しもう
創るを楽しむ
言葉、音楽、芸術作品、身体表現などを通じ、他者に伝えることを楽しもう


 今年度も才教学園をよろしくお願いいたします。

先生の後に続いて入場する1年生と、新入生代表あいさつをした三澤さん(入学式)

入学式後の記念撮影

始業式の日、教室でのひとコマ。校長講話の内容は、教室に掲示されています。

令和4年度中学校卒業式・小学校課程修了式

 3月15日、令和4年度の中学校卒業式と小学校課程修了式を挙行しました。いずれの式においても、担任の先生から卒業生、修了生一人一人の名前が読み上げられ、学校長から卒業証書が手渡されました。


 唯一、在校生代表として卒業式に参加した生徒会長の国広さん(8年)は、送辞の中で体育祭やさいきょう祭で大いに活躍した9年生の姿を挙げ、「卒業後も学校を訪れ、経験などを聞かせてほしい。そうしたことが私たち在校生の新たな財産になる」と述べました。
 答辞を述べた滝澤くんは、冒頭で「中学校課程は常に新型コロナウイルスと共にあった。特に7年生進級後の自粛期間には、未知のウイルスに対する不安と、級友や先生方に会えない辛さと寂しさがあった」と話し、「もう毎日5階の教室へ階段を上り下りすることもなくなると思うと、学校生活における日々はかけがえのないものだったと感じる」と、学び舎への別れを惜しんでいました。


 卒業生、修了生のみなさんがこれからも元気で過ごしてくれること、自ら選択した道を進み、さらなる飛躍を遂げてくれることをお祈りします。


 この翌日には、9年生と6年生を除いた7学年が登校して3学期終業式を行いました。学校長から生徒に向けて、この1年の活動に対する労いと令和5年度への期待の言葉が寄せられました。

修了生代表あいさつ(小学校課程修了式)

卒業証書授与(中学校卒業式)

卒業を迎え、凛々しい姿の9年生

令和4年度修了に向かって 学年末テスト

 2月15日(水)と16日(木)の2日間は、学年末テストでした。3学期始業式の校長講話にあったように、「ここまで学んできたことの結果を出す」締めくくりの時期にきています。5教科と技能教科まで科目数も範囲も多いテストに、5~8年生の生徒たちは真剣に取り組んでいました。
 9年生の入試対策テストも大詰め。体調管理にも気をつけながら、志望校合格を目標にもうひと頑張りです。