1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. イベント

イベント[ニュース&トピックス]

第15回 体育祭

才教学園の名物行事の一つである体育祭。
勝負にこだわり、全力真剣な戦いの中にこそ生まれる勝利の感動や相手への賞賛の気持ちを実感し、生徒が人間としてさらに成長するための行事です。ご来場、ご声援をお願いいたします。

  

日時:7月6日(土) 8:50~16:00(予定)

場所:信州スカイパーク やまびこドーム


スローガン:
一意奮闘 ~轟け! 勝利への咆哮~

 

一般の方もご自由にご覧いただけます。ご来場の際は、会場入り口の受付にお声がけください。

オープンスクール 7月20日(土)

投稿日:2019.06.25

お知らせ イベント

オープンスクール
日程:7月20日(土)
 
 わくわくひろば 9:30~10:45 
就学前の園児のみなさんに学校生活の楽しさを体験してもらうイベントです。
お楽しみブース
●学校体験クルーズ
●スタンプラリー
●ものづくり体験
●市民タイムス様によるコーナー 等
Kids ーツスクー  11:00~11:45
遊び、学ぶ、最新の「スポーツ科学」と「幼児教育」が融合した、首都圏で話題の総合型キッズスポーツスクールが1日限定で開校!親子一緒に楽しめます。
対象: 小学校低学年までのお子さんと保護者の方
  
詳細はこちらをご覧ください。  

特別教育講演会 受付終了のお知らせ

投稿日:2019.06.14

お知らせ イベント

才教学園 特別教育講演会

 

テーマ「子育て、教育に活かす脳科学~脳を育む環境~」

師:中野 信子 先生 (脳科学者)

日時6月22日 (土) 10:00~11:40 (講演時間は10:10~11:40)

場所:才教学園小学校・中学校 講堂

受付開始(開場) 9:15

 

※9:50までにはご入場ください   

 

参加申し込みの受付を終了させていただきました。

たくさんのお申し込みをいただきありがとうございました。

聴講にあたっては、6月22日(土)ご参加される方へのお願い (別ページ)を必ずお読みください。

なお、さいきょう子育て支援プログラム「年長さんのわくわくプレスクール(同時開催)」への参加申し込みは、引き続き受付中です。参加をご希望の方は、こちらよりお申込みください。

6月22日(土)ご参加される方へのお願い

投稿日:2019.06.11

お知らせ イベント 中学校 小学校

特別教育講演会、年長さんのわくわくプレスクール参加の方へのお願い


この度は特別教育講演会、年長さんのわくわくプレスクールに多くのご参加いただきありがとうございます。


以下の3点についてご理解とご協力をお願いいたします。


1.受付について

当日は、十分にお時間に余裕を持ってご来校いただきますようお願いいたします。

(9:50までにご入場ください。)


2.駐車場について

駐車スペースにつきましては、当日、係員の誘導に従って駐車いただくようお願いいたします。可能な限り、公共交通機関を利用の上、ご来校いただけると幸いです。


3.講演会終了後について

講演終了後は、大変な混雑が予想されます。校外に出るまでに、かなりの時間がかかってしまいますことをご了承ください。市道に出られる際は、出来る限り「左折」いただきますようご協力をお願いいたします。

 

 

「できた!」にハナマル  親子プレスクールを行いました

投稿日:2019.04.23

お知らせ イベント

 420日(土)、親子プレスクールを開催しました。2月から行っている「お父さんお母さんのための“教え方”講座」と、年長児向けの「わくわくプレスクール」を合わせた今回の親子プレスクールには、大勢のみなさんにご参加いただきました。

もじの時間には、えんぴつの持ち方や数枚のカードにかかれたひらがなを組み合わせてことばをつくる遊びをしました。初めは2文字のことばが多かったのですが、どのお子さんもすぐに3文字・4文字のことばを作っては、隣に座るお父さん、お母さんと声を揃えて読み合っていました。かずの時間は、おはじきを使いながら「絵の中にあるものの数」を数えたり、先生の掲げたカードやタンバリンの音の数に合わせて手元のカードを選んだりしました。話を聞く姿勢もよく、先生の方に顔を向け集中している様子が見られました。

英語の時間は、リトミックの定番曲「♪Head, Shoulders, Knees and Toes」で顔や体を触って遊びました。繰り返されるたびに早くなっていく曲に合わせ、とても盛り上がりました。

 

机の上のプリントには、お父さん、お母さんからもらったハナマルがいっぱい。

「楽しかった!」「自分でひらがなが書けたよ!」と、先生たちに喜んで報告してくれるお子さんがいれば、保護者の方からも「無理のないレベルで楽しく参加できた。子どもが自分から進んで取り組めたようでよかった。」「多くの先生が机の間を回って声をかけ、一人ずつ様子を見てくれた」との感想を寄せてくださいました。

本校の子育て支援プログラムが、ご家庭での「まなび」のお役に立てたことを嬉しく思います。

 

 

 年長児を対象とした「わくわくプレスクール」、第2回は518日(土)に開催します。

 プログラムの詳細、お申し込みにつきましては、こちらよりご確認ください。

子育て教養講座 5月11日(土)

投稿日:2019.04.19

お知らせ イベント

 第1回 子育て教養講座

お子様の将来に役立つ情報をお伝えする講座です。

主に小・中学生の保護者向けの内容ですが、テーマに興味がある方はお申し込みください。

 

テーマ:「未来を生き抜くヒント」

講師: 才教学園小学校・中学校 校長 小松 崇

日時:5月11日(土) 10:00~11:00

 

日本の未来像を考え、その未来を力強く生き抜くための力とは何かを考えていく講座です。

 

お申込みはこちらから

 

3月23日(土)お父さんお母さんのための教え方講座

投稿日:2019.03.13

お知らせ イベント 中学校 小学校

第3回 お父さんお母さんのための“教え方”講座


今回のテーマ: 『学力を伸ばすヒント』

日時: 3月23日(土)10:00~11:30

 

対象:未就学児の保護者の方

 

学力を伸ばす要素を、家庭生活、小学校生活の両面から、具体例を交えてお伝えします。 お申込みこちらから。

 

卒業証書授与式 小学校課程修了式

投稿日:2019.03.07

お知らせ イベント

卒業証書授与式 小学校課程修了式

 

日時: 3月14日(木) 9:30~(開場 9:00)

場所: 松本市民芸術館 主ホール

第2回 お父さん お母さんのための "教え方"講座

投稿日:2019.02.20

お知らせ イベント

お父さん お母さんのための“教え方”講座

第2回テーマ 「もじ」と「かず」 ~実践編

お子さんが楽しみながら無理なく「もじ」「かず」について学べる、ご家庭での教え方についてお話しします。特に幼少期の子どもたちは、実体験を通して「もじ」や「かず」を身につけていきますが、保護者の声がけ、接し方次第で身につき方が大きく変わってきます。この時期に知っておくと、無理なく小学準備ができる内容の講座です。

日時:3月5日(火) もしくは 3月9日(土) (2日とも同じ内容です。)
いずれも10:00~11:30
場所 才教学園小学校・中学校
対象 未就学児の保護者
主に年長児の保護者の方を対象としたお話しになりますが、年中、年少児の保護者の方もご参加いただけます。

持ち物 上履き(スリッパ)、筆記用具
申し込み方法 お電話、またはこちらからお申込みください

  

第14回プレゼンテーションコンテストを行いました

投稿日:2019.02.20

お知らせ イベント 第Ⅰ期 第Ⅱ期

 216日(土)に、第14回プレゼンテーションコンテストを行いました。

5年生から7年生までが個人で興味のあるテーマをひとつ選び、書籍やインターネットを通じての情報収集、アンケートや現地調査など、数カ月かけて調査・研究を続け、考察をしました。事前のクラス内予選(保護者審査)を経て代表に選出された10名は、本選までの1週間で修正や練習を重ねてきました。本選では校長をはじめとする審査員のみなさん、保護者のみなさん、大勢の生徒を前に、代表者はとても堂々としたプレゼンテーションを行いました。
 

 審査の結果、最優秀賞に選ばれたのは、ハガキ1枚の強度について調べた加藤くん(5年)です。加藤くんは、ハガキサイズの紙の強度が折り方の違いでどのように変わるのか、水入りペットボトルが乗った本数をグラフに表して比較しました。同じ筒状でも円柱・四角柱・星型など頂点の異なるかたちにしたとき、もっとも強かったのは円柱で23㎏まで耐えられたそうです。この延長で、用紙の厚さを変えて同様の実験を行い、加藤くんが「極厚紙」と呼ぶ紙では、2リットルのペットボトル17本分に相当する35㎏という記録が出たそうです。考察として「①紙は円柱形の状態が一番強い ②頂点の数が多いほど強くなる ③厚みがあるほど強くなる」とまとめました。

 

 講評では、「自分の作った資料はずっと大切にしてほしい」「どのプレゼンテーションも甲乙つけがたかった」「来年のコンテストをさらに楽しみにしています」などの感想をいただきました。

審査員のみなさんには、厳正な審査にご協力いただき、本当にありがとうございました。

 

 

〈審査結果〉

最優秀賞 5年 加藤 紬くん 「一枚のハガキの強度」
優秀賞 6年 小松 遊路くん「B型はなぜきらわれるのか?」

優秀賞 7年 伊野翔真くん「刀と日本語」

本選に出場した10名