1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. お知らせ

お知らせ[ニュース&トピックス]

第15回さいきょう祭ポスター決定! カウントダウンボードも

投稿日:2019.10.01

お知らせ イベント

 今月25日に開催する第15回さいきょう祭のポスターが決定しました。実行委員会がポスターの募集を呼びかけ、今年は12点の応募がありました。選考の結果、8年生の岡崎さんの作品が選ばれ、プログラムの表紙等に使用されます。

 

〈岡崎さんのコメント〉

 サブタイトルに「新しい時代の幕開け」とある通り、元号が令和になって初めてのさいきょう祭に、どのような画がふさわしいかを考えました。ポスターには、今年の学年ごとの演目からワンシーンを切り取り、写真のフイルムに収めました。全校一丸となってより良いステージを作り上げていこうという思いと、「これまでに学んできたことを存分に活かす」ということも表現、少し懐かしさを感じられるような色合いにしました。自分の作品を選んでいただき、とても嬉しいです。

 

 

 また、本日101日よりカウントダウンボードが1階ロビーに掲示されています。本番まで一日ずつ、しろくまさんが歩みを進めて行くようです。とびらの中の仕掛けもお楽しみに!

 保護者のみなさんも、来校された際はぜひご覧ください。

カウントダウンボード(1階ロビー)

「筋力アップに無理なく取り組もう」 子育て教養講座を開講しました

921日(土)、松本大学スポーツ健康学科長の根本教授を講師にお招きし、在校生(79年生)と保護者、外部からの参加者を対象に、「頭の活性化にもおすすめ! 効果的な運動トレーニング法」と題し子育て教養講座を開催しました。生活習慣病にかかりにくい体をつくるための運動の仕方について、わかりやすく教えていただきました。体力の高さが学力にも影響する(!)とあって、生徒たちも根本先生のお話にしっかり耳を傾けていました。

実際に体を動かしてみて、手の挙がり方や柔軟性、姿勢の変化を感じた方もいたのではないでしょうか。

ご指導いただいた内容は無理なく取り組めるものばかりでした。参加者からは、「‟隙間“の時間をうまく使い、自宅でも気軽に継続して行っていけそう」との感想がありました。

 

 根本先生、ありがとうございました。

先生に倣って肩入れストレッチ

スクワットも全員でやってみました

英語弁論大会 花田さん(9年)が県大会へ

 97日(土)に安曇野市三郷公民館において「第35回中信地区中学校英語弁論大会」が行われ、9年生の花田鈴世さんが出場しました。5月に修学旅行で訪れたオーストラリア、23日のホームステイを通じて経験したことをテーマにスピーチを行い、7位入賞の成績をもって上位大会に進むことが決まりました。

「自分の気持ち、思っていることをストレートに伝えたい」と、英語科の先生と準備を進めてきた花田さん。英語原稿を書き、暗記して発表するために多くの時間を割いたそうです。しかし、その練習も「全く嫌ではありませんでした。」と振り返り、先生方の指導に応え練習を重ねてきたことに自信をもって当日の発表に臨みました。会場で他の出場者の発表を見聞きしたことが、改めて花田さん自身の奮起につながり、担当の先生は「練習以上の力を発揮し、これまでで一番の演説だった。」と労いました。

(花田さんの弁論大会出場については才教ダイアリーでも紹介しています)

 

来年以降も、花田さんに続く発表者が後輩の中から出てくれると嬉しいですね。

 

次に出場する大会(第38回長野県中学校英語弁論大会兼 第71回全日本中学校英語弁論大会長野県予選会)は、105日(土)に長野県総合教育センター(塩尻市片丘)で行われます。

 

 

◇大会情報・結果◇

35回中信地区中学校英語弁論大会

(兼 第71回高円宮杯全日本中学校英語弁論大会長野県中信地区予選)

令和元年97日(土)安曇野市三郷公民館講堂

7

英語科の先生と大会を振り返る花田さん

2学期授業参観 ありがとうございました

 96日(金)から13日(金)まで、2学期の授業参観・学級懇談会を行いました。お忙しい中、多数の保護者のみなさんにご参観いただき、ありがとうございました。授業の様子はいかがだったでしょうか。

 

10月のさいきょう祭に向けた練習も始まっています。ご家庭でのご協力をお願いする面もありますが、今後とも よろしくお願いいたします。

1年生

3年生

6年生

子育て教養講座 9月21日(土)

投稿日:2019.09.11

お知らせ イベント 中学校 小学校

 第2回 子育て教養講座

お子さんの将来に役立つ情報をお伝えする講座です。

主に小・中学生の保護者向けの内容ですが、テーマに興味がある方はお申し込みください。

 

テーマ:

頭の活性化にもおすすめ!

  効果的な運動トレーニング方法

 

講師: 根本 賢一 先生 (松本大学 スポーツ健康学科長/教授)  

日時:9月21日(土) 10:00~11:30

場所: 才教学園小学校・中学校 体育館

 

詳細はこちらから

 

  

引き渡し訓練を実施 ご協力ありがとうございました

97日(土)、全校生徒および保護者の方に事前に通知をし、大地震の発生を想定した引き渡し訓練を実施しました。

 訓練前には、校長と防災・危機回避担当の先生からお話がありました。

 

訓練は自分の命を自分で守るために行うもの(校長)

「最大震度7の北海道胆振東部地震から1年。この地震の影響で電力供給がストップし、北海道全域がブラックアウトに見舞われ、電力が復旧するまでに1週間以上かかったそうです。今も1000人以上が避難所での生活を続けています。大きな地震、災害はいつ起こるかわかりません。そういったことへの備えとして、今日の訓練があるということを忘れずに取り組んでください。」

 

続いて、防災・危機回避担当の先生は石巻市内の製紙工場での避難の様子について触れました。工場は海に近く、津波を想定した訓練を毎月行っていて、いざというときの避難場所を従業員がしっかり把握していたため、東日本大震災発生時にこの工場で働いていた1,000人以上の従業員の中で、亡くなった方はいなかったのだそうです。

 

その後、各教室では保存食の試食を行いました。災害時、いつ食事を摂れるかわからない中では、こうしたアルファ米(水を注いで戻すご飯)などが命を守る食糧であるという話を思い出しながら、生徒たちはご飯を口に運んでいました。

 

 

保護者の皆さまには、緊急メールへの返信や引き渡しカードの呈示など、迅速なお迎えの対応をありがとうございました。

危機回避担当の先生のお話

地震発生、机の下に潜り込む生徒

非常食の試食

第2回校友会環境整備作業を行いました

投稿日:2019.09.05

お知らせ 中学校 第Ⅱ期 第Ⅲ期

 831日(土)の午前中、今年度2回目の校友会保護者会による環境整備作業がありました。約2時間かけて除草作業や樹木の剪定、トイレ掃除、窓ふきなどを行っていただきました。11時前からは79年生も加わり、保護者のみなさんが作業を進めるそばで、各所の草を集めたりグラウンドの草取りを行ったりしました。

 

ご協力いただいた校友会役員・保護者のみなさまには、お忙しい中多数ご参加くださいましてありがとうございました。普段の掃除で行き届かないころまできれいにすることができました。

整った環境の中での教育活動推進という面で、今後とも本校の活動へのご協力をよろしくお願いいたします。

さいきょう商店街 ご来場ありがとうございました

投稿日:2019.08.30

お知らせ 小学校 第Ⅰ期

830日(金)、2年生が生活科の授業の一環で「さいきょう商店街」を開き、生徒たちはお客さんに元気に声をかけ、コミュニケーションをとりながら立派に店員を務めました。

 

おもちゃ屋さんやスーパー、楽器屋さん…どのお店にもたくさんの商品が並びました。商品は身近な材料(紙、毛糸、牛乳パック、ビー玉など)を使って、夏休み中に手作りしたものです。それぞれの店先にところ狭しと並んだおもちゃやお菓子などの“商品”を、お客さんとなった1年生や保護者のみなさんが、手持ちのお金(牛乳瓶のふた)で買えるものを真剣に品定め。2年生は、おすすめの商品について使い方や取り扱い上の注意などを説明したり、売り上げを伸ばそうとアピールしたり健闘しました。

 

1学期から準備を進めてきた2年生は、出店の企画から商品づくり、お店作り、そして販売までの流れを体験しました。このさいきょう商店街では、「売り上げで一番を目指す」という目標を立ててはいますが、そこには『働くことの意味を実感すること』が根底にあります。

自分がはたらくことで、大勢のお客さんが喜んでくれる。そのお客さんの姿を見て、2年生は誰もが嬉しく思ったことでしょう。周りの人たちのために自分が一生懸命はたらくことの大切さを学んだ2年生です。

 

今年もさいきょう商店街は大成功!

 ご来場いただいたみなさん、本日はたくさんのお買い上げありがとうございました。

宮沢賢治の世界観を間近で まつもと演劇工場の出張公演

 827日(火)、今年もまつもと演劇工場のみなさんによる「風の劇場」を才教学園で鑑賞しました。

舞台の中心となるお話は「かしわばやしの夜」、宮沢賢治の童話作品です。

 

***

畑仕事をしていた清作は、おかしな格好をして大声を出す男に気に入られ、かしわの木大王のもとへ一緒に行こうと誘われます。しかし、仕事でかしわの木を切り倒す清作を快く思わないかしわの木たちは、清作にいじわるな態度をとってばかり。

そんなとき、月が出て夏のおどりの第三夜がはじまり、絵描きも「一等賞から九等賞までのメダルをやろう」と言い出しました。

清作が再びかしわの木たちにからかわれだすと、そこにやってきたフクロウたちがおどりに参加。しかし、雨が降ってきて月も隠れ、夏のおどりはお開きになりました。

ひとりになった清作が林を出ると、林の奥の方から、あの絵描きの声が聞こえました。

***

 

ほんの数メートル、マイクを使わない距離で見るまつもと演劇工場のみなさんの舞台は、幻想的な雰囲気でした。アコーディオンの伴奏にのせ、実際にはありえない(はずの)かしわの木やふくろうの歌と踊りを、楽しく鑑賞しました。

役者のみなさんの熱量や体の動き、表情を間近で見ることができ、1時間の公演はあっという間でした。

 

まつもと演劇工場のみなさん、有意義なひとときを本当にありがとうございました。

 

【公演内容】

1.まつもと新喜劇『息子の結婚相談』

2.ソング・ポランの広場

3.語り『かしわばやしの夜』

4.ソング・月夜のでんしんばしら

2学期始業式を行いました

 826日(月)、およそ1カ月の夏休みを終え、生徒たちは晴れやかな顔で登校。友達や先生に元気に挨拶をする声が聞こえ、校舎に活気が戻ってきました。

 

【校長講話】「今すべきことを考え、充実した2学期を」

夏休みにしかできない、いろいろな経験、体験をして、今日ここにまた帰ってきたみなさん。先生方やお友達とたくさんの話をして、気持ちを切り替えて学校生活に臨んでください。

2学期は、自分の生活習慣を見直し、当たり前のことを徹底して行いましょう。

9年生のリーダーシップのもとに、これからさいきょう祭の練習も本格化していきますが、その練習などを言い訳に日頃の生活習慣、学習習慣を疎かにしては本末転倒です。才教生としての姿ではありません。つらい時期こそ、才教学園の生徒として「当たり前のことをしっかりやる」と肝に銘じましょう。

そのために必要なことは、繰り返し“の一点です。

心と頭と体を鍛えるために一番大切なことは、日々の生活習慣の繰り返しにほかなりません。

すべてのことに意味があるということを理解し、今自分が何をしなければいけないかをしっかり考え、当たり前のことを当たり前にこなして、充実した4か月にしましょう。