1. ホーム
  2. ニュース&トピックス
  3. お知らせ

お知らせ[ニュース&トピックス]

『2023年さいきょう子育て支援プログラム』のお申込みを開始しました!

投稿日:2022.12.22

お知らせ イベント 入試 小学校

『2023年さいきょう子育て支援プログラム』のお申込みを開始しました!


毎年行っている「お父さんお母さんのための"教え方"講座」、「わくわくプレスクール」、「特別教育講演会」は地域の子どもたちの幸せな成長を願い、教育のプロである私たちがお父さん、お母さんの子育ての活動を支援しようと13 年前から始めたプログラムです。


現在では、本校でも導入しているSTEAM教育を活かしたワークショップなど、楽しく学ぶことのできるイベントを数多く開催しています。
子育てに役立つ情報が満載ですので、才教学園に入学をお考えの方も、そうでない方も、皆様お誘い合わせの上、是非ご参加ください。


【主なイベントの日程】
2/4(土) お父さん お母さんのための教え方講座①「もじ」と「かず」~基礎編~
3/11(土) お父さん お母さんのための教え方講座②「もじ」と「かず」~実践編~
3/25(土) スプリングスクール「サイコロづくりでかずにふれよう!」
4/22(土) 親子プレスクール
5/27(土) わくわくプレスクール①
6/24(土) わくわくプレスクール②
6/24(土) 特別教育講演会
7/15(土) オープンスクール 「STEAM型授業の自由見学&ワークショップ」
7/31(月)~8/2(水) サマースクール&さんすう教室
8/26(土) わくわくプレスクール③
10/14(土) お父さん お母さんのための教え方講座③「学力を伸ばすヒント」
10/14(土) わくわくプレスクール④


詳しくはリーフレットをご確認ください。


イベントに参加ご希望の方は下記リンクよりお申し込みください。
皆さまのご来場を心よりお待ちしております。

『2023年さいきょう子育て支援プログラム』のリーフレットはこちらからご覧ください

タングラムを使ったワークショップ

親子プレスクール(かず)

プレスクール参加者特典の「まなぼっくす」

中学生人権作文コンテスト 入賞者へ賞状伝達

 長野地方法務局、長野県人権擁護委員連合会が主催(他共催あり)した「第41回全国中学生人権作文コンテスト長野県大会」において、9年・新保茉衣香さんの作文が奨励賞に選ばれました。このコンテストは、人権問題を題材に作文を書くことで、中学生に豊かな人権感覚を養ってもらおうと法務省と全国人権擁護委員連合会が実施しています。
 県入賞の新保さんをはじめ、松本地区大会での入賞等については次のとおりです。 みなさん、おめでとうございます。


【審査結果・表彰の詳細】
◆第41回全国中学生人権作文コンテスト長野県大会
 奨励賞  新保茉衣香さん
 感謝状  才教学園小学校・中学校
◆同 松本地区大会
 最優秀賞 新保茉衣香さん
 優良賞  福田志織さん
      若林風歌さん
 佳作   小笠原和奏さん
      加藤紬くん
      谷つぐみさん
(いずれも9年生)


 賞状伝達式は12月15日(木)に学校で行われました。
 新保さんは、「今回の作文は人権というテーマ。そこに自分の経験を綴ることは1つの挑戦でしたが、どこかで同じような悩みを抱えている人と共有できるところがあると思う。他人に心配をかけまいと自分の中に気持ちをため込んでしまう人がいるけれど、私はそういう人の気持ちに、そしてその人に寄り添える人になりたい。」と言葉を選びながら丁寧に話してくれました。

賞状を受けとる新保さん

令和4年度 中学生の税に関する作文 賞状伝達式

 夏期休業の作文課題の1つであった、国税庁と全国納税貯蓄組合連合会が主催する「中学生 税に関する作文」に入賞した生徒2名への賞状伝達式が、12月5日(月)に行われました。


【審査結果・表彰の詳細】
◆令和4年度 中学生 税に関する作文
  福田 志織さん(9年)松本税務署長賞
  栁澤 祐之介君(9年)松本教育委員会賞


 福田さんは、教科書の最終ページに書いてある『この教科書は、これからの日本を担う皆さんへの期待をこめ、税金によって無償で支給されています。大切に使いましょう』という一文に触れた内容。
 柳澤君は通学時に毎日、車で送ってもらう道路が補修されていくことを通じて、父親と話したことに端を発する内容でした。
 表彰後、小松校長は「税という、大人でも普段はあまり考えることの無いテーマであったが、二人の着眼点が素晴らしい。何気ないことでも、このような鋭い視点を持って見つめることを今後も大切にして欲しい」と二人に声を掛けました。


 福田さんのコメント 
「クイズ税金百科の出場も決まっていたので(※)、このコンクールへの応募は早い段階から決めていた。文章を書くのは好きで、母親のようになりたいという気持ちで書いている。」
(※)11/19のニュース&トピックス参照


 栁澤くんのコメント 
「税金について思うことはたくさんあったが、身近なことを書こうと思った。書き始めたら、気持ちがあふれてきて、気がついたらマスが埋まっていた。」


 二人とも入賞は予想していなかったようで、素直に嬉しかった様子です。
 才教学園では毎年、このコンクールに応募しています。同コンクールへの応募は、普段はなかなか思いが及ばない税金について考えることのきっかけになっているようです。

※撮影時のみマスクを外しています

令和4年度2学期終業式「自分の夢・目標を明確に」

 12月16日(金)は2学期の最終登校日でした。朝の会を終えると、まずは全校で大掃除。窓の桟に溜まった土ぼこりをかき出したり、教室の据置ロッカーで隠れていた部分も雑巾がけをしたりと、普段の掃除で行き届いていなかったところまで生徒たちはぴかぴかにしていました。週明けから始まる校内冬期講習、そして3学期に自分たちが戻ってきたときに気持ちよく使える教室になったと思います。


学校長講話
 夏、秋、冬と3シーズンに渡った長い2学期。コロナの影響も心配される中で、さいきょう祭をはじめほとんどの行事を行えたこと、一度も休校にならず今日を迎えられたことを、とても嬉しく思います。ご家族や先生の協力のみならず、感染対策をしつつ常に全力で日々を過ごしてきた生徒のみなさんのおかげです。
 さて、冬休みの間にみなさんにしてほしいことがあります。
 まずは今学期に学んだこと、感じたこと、考えたことをしっかりと振り返ること。「結果・成果を出す」ことが求められる3学期に向けて準備を進めましょう。
 そして年末年始をまたぐこの休み中に、新たな夢や目標を明確にしましょう。そうしたら、計画を立てて実行すること。何度くじけても、挫折しても、成果を掴み成功を収めたときに、人は本当の意味での喜びを感じることができます。そのためにも、自分の夢や目標を明確にすることが一番大切です。
 最後に、江戸時代の終わりに活躍し、多くの人に影響を与えた教育者、思想家の吉田松陰の言葉を紹介します。


夢なき者に理想なし、理想なき者に計画なし、計画なき者に実行なし、実行なき者に成功なし。故に、夢なき者に成功なし。


 来年1月5日は、元気な姿でこの学び舎に戻ってきてください。
 生徒のみなさん、ご家族のみなさん、よいお年をお迎えください。

大掃除

配信形式の終業式(上:4年生、下:9年生)

担任から通知票を受け取る生徒(4年生)

第23回県こども新聞コンクール 賞状伝達式

 信濃毎日新聞社他が主催する第23回長野県こども新聞コンクールに入賞した生徒2名への賞状伝達式が、12月7日(水)に行われました。


【審査結果・表彰の詳細】
◆第23回長野県こども新聞コンクール
 山野湊太くん(2年)1・2年の部 優秀賞
 「ぼくの街に住むホタル新聞」
◆同 中信木曽地区大会
 奥田嘉彦くん(5年)5・6年の部 努力賞
 「台湾朝市新聞」


  本選優秀賞の山野くんに、伝達式の後で話を聞きました。
 「もともと昆虫が好きで、ホタルは光るからもっと好き」という山野くんの記事は、松本市内の公園に生息するホタルについて調べたもの。紙面には、現地に自ら足を運んで撮影した写真をちりばめ、『庄内ホタルと水辺の会』で会った信州大学の藤山教授に取材してきたことなどが書かれていて、世界ではどんどん生き物が減っているという現実を目の当たりにし、「見かけることが少なくなってきているけれど、ホタルが住める自然を残したい」と結んでいます。
 「誰かに聞いてみようと思っても、実際にそうする人は少ないかもしれない。そうした中で、山野くんは抜群の行動力の持ち主」と巣山教頭も絶賛。同コンクールへ次年度以降の応募にも意欲的で、本人の中では次のテーマもすでに決まっているのだとか。


 賞状を手渡した小松校長は、信毎メディアガーデン(松本市)で展示されていた実物も見てきたそうです。「自分で調べ感じたことなどを自分の言葉で誰かに伝えることは、これから生きていく上で必要な力。こうした力に更に磨きをかけ、読む人に感動を与えて」と激励しました。


 奇しくも山野くんと奥田くんは、昨年同時期にこのコンクールで地区入賞。2年連続の受賞、おめでとうございます。
 今年の受賞作品は11月11日付の新聞紙面で紹介されましたが、コンクール特設ページからも見ることができます。



(12/10訂正)奥田くんの所属学年、表彰部門の学年区分に誤りがありましたので、訂正しました。
(正)学年:5年 部門:5・6年
(誤)学年:4年 部門:3・4年

(左から)小松校長、山野くん、奥田くん、巣山教頭 ※撮影時のみマスクを外しています

担任(奥の2名)も見守った伝達式。和やかに談笑する場面も。

長野県庁見学 4年生社会科

投稿日:2022.12.08

お知らせ 小学校 第Ⅰ期

 11月末、4年生が社会科見学で長野市へ行ってきました。
 県庁では、議会棟にある県警本部の通信指令課と議場を見学させていただきました。
 通信指令課では警察官が24時間体制で勤務にあたり、常に事故や事件の発生に備えています。見学の最中にも110番通報を知らせるランプに気づき、「あ、ついた!」と声をあげていた4年生。
 議場では傍聴席に座って担当者の方から説明を受けました。通常、議会は年に4回が開かれること、議会でどのような話し合いが行われるかということなどを、まさに「県政の中心地」で学習することができました。知事の座る椅子がひときわ大きかったことも、子どもたちの関心を引いたようです。見学当日の午後には議会が開かれるということで、報道席で撮影等の準備を進めるマスコミ関係者の姿もありました。
 どちらも普段はなかなか目にすることができない場所であり、資料写真で見るのとは違う、本物の空気感を掴むことができました。


 県庁を後にして向かった善光寺では、山門に掲げられている額の文字に隠された秘密=5羽の鳩を確認。無病息災、病気平癒にご利益があるとされる大香炉の煙を浴びて本堂でお参りをしました。短時間ではありましたが、地元長野県にある全国有数の名所・善光寺で、日常とは少し違う空気に触れることができました。

「ゆるスポーツ」で体を動かす 体育委員会主催企画 

 生徒会・体育委員会主催の「スポーツマッチ」が、11月の終わりに行われました。体を動かし体力向上を図ることが目的のひとつです。また、一方で、運動能力に関わらず誰もが楽しめる「ゆるスポーツ」の紹介と体験もテーマに含まれていました。
 5年生から9年生まで、学年別に授業1時間分が割り当てられ、生徒たちは気ぜわしい学期末に穏やかな時間を過ごすことができたようです。


 今回の企画で紹介されたいくつかの「ゆるスポーツ」の中には、魚のブリを模したぬいぐるみを脇にはさみ、ハンドボールのルールで行う「ハンぎょボール」という競技がありました。
 必須アイテムとなる魚は体育委員のお手製、ルールはドッジボール寄りにアレンジして行われました。振りかぶって投げようとするのですが、思うように腕を動かせないため、あらぬ方向にボールが飛んで行ったり、中々人に当てることができなかったりと、苦戦する姿も見られました。時折、速く的確なボールを投げて相手をアウトにできたときには歓声を上げ、みんな笑顔で参加していました。

脇にはさんでいた「魚」がこちら↑

さいころの出目で走る距離が変わるリレー競技。チーム対抗なので、大きい目が出るとちょっと悔しそうに全力疾走。

作ってみよう、幾何学模様 8年生のSTEAM授業

投稿日:2022.12.06

お知らせ 中学校 第Ⅱ期

 11月24日(木)の午前中、math channnel代表で本校STEAM教育アドバイザーの横山明日希先生による8年生への特別授業がありました。この授業は、まず生徒が幾何学模様を作り、それをいずれはクリーニングクロスに転写させてオリジナルの一品を作るという先の長い内容。この日は全体の初回にあたる2時間でした。
 人気マンガの主人公らが着ていた服に見られる伝統的な和柄、イスラム教のモスクやヨーロッパのステンドグラス・・・と、私たちの周りには様々な模様があります。それらが、どのようなかたちから構成されているのか、「数学的要素」とは何なのかといったことについて、生徒たちはグループで話し合いました。三角形や四角形、直線や曲線を描いたりと、図形がどう展開しているのか。規則性がもたらす美しさとはどういったものか。横山先生はスライドで具体的に示しながら、軽やかな口調でレクチャーしてくださいました。
「まだまだ完成させようというわけではない。自分のイメージを描いてみよう」という横山先生の話を受け、定規やコンパスを使いきれいにパターンを作り出す生徒がいれば、フリーハンドで大胆に線を伸ばす生徒もいました。
 最終的にどのような作品が生まれるのか、とても楽しみです。
 横山先生、ご指導ありがとうございました。

喫煙・飲酒・薬物乱用防止教室

投稿日:2022.12.03

お知らせ 中学校 小学校 第Ⅱ期

 5年生と7年生を対象とした「薬物乱用防止教室」を12月1日(木)に実施しました。薬剤師の高田弘子先生を講師に迎え、喫煙、飲酒、危険ドラッグ等が体に及ぼす様々な害についてお話しいただきました。


 成長期を迎えた頃から10代、20代と若いうちに喫煙や飲酒等を始めてしまうと、それらの依存性・常習性の強さから「なくてはならないもの」になってしまう可能性があります。タバコやお酒のおかげで一定のストレス等から解放されることはあるかもしれませんが、長く続ければ、「脳が縮んで認知機能の低下につながったり、発がんリスクが非常に高くなったりと、いい影響は1つもない」と髙田先生。危険ドラッグや麻薬などについても、興味本位で安易に手を出してしまうと人生が台無しになるということを、丁寧に説いてくださいました。
 また、市販の頭痛鎮痛剤や風邪薬も、予防等で服用することが多くなれば、それは「薬物乱用」と位置付けられるそうです。薬が毒になってしまっては本末転倒。用法・容量を守って正しく服用することが大切です。


 タバコ、お酒、危険ドラッグなどに自分から近づかず、もし勧められてもためらいなく「No」と断れる人になりましょう。

学校薬剤師の高田先生

メディアリテラシー講話

投稿日:2022.11.26

お知らせ 中学校 第Ⅱ期 第Ⅲ期

 11月25日(金)、7~9年生を対象にしたメディアリテラシー講話がありました。
 本校では昨年度よりiPadを生徒がひとり1台持つようになってから、このようなインターネットの使い方やモラルに対する外部講師を招いての授業を複数回行っています。今年度、7~9年生がこうしてお話を聞くのは、6月の警察署の方による情報モラル講座に続き2回目となります。
 今回は「子どもとメディア信州」の関島良治さんをお招きし、電子メディアとの上手な付き合い方について講演いただきました。
 「子どもとメディア信州」は、県内の教育関係者や医師らを中心に構成される団体で、ICT化が一気に進んだ現在の問題や課題を生徒や保護者に啓蒙するための活動、講演等を行っています。
 講話は、「自分の情報がネットで広がっていないか」「自分の発言が誰かを傷つけていないか」「気付かないうちに心身に影響が出ていないか」の3つの観点から、本校生徒に実施したアンケート結果も交えてお話が進められました。


 ネット上の情報は「デジタルタトゥー」とも称され、半永久的に削除できないということ。軽い気持ちで書き込んだことが、勘違いされたり自分の意図しない受け止め方をされたりして、他者の誤解を招いたり誰かを追い込んでしまう可能性があるということ。学習にも欠かすことの出来なくなった便利な電子メディアですが、それに依存しすぎて心身に深刻な影響を及ぼす場合もあること。
 正しい使い方ができるよう心掛けてほしいこととして、関島先生は、次のようにまとめて下さいました。


・自宅の玄関に貼れないような情報をネット上に投稿しない
・相手が嫌がるようなこと、自分がされて嫌なことはしない
・20-20-20ルールを守り、セルフコントロールができるように


 「20-20-20ルール」とは、アメリカの眼科医らが推奨し、今日、日本でも定着しつつある「電子機器で目を悪くしないための指針」であり、画面を20分見続けたら、20フィート(約6m)先を20秒間見て目の緊張を緩めようというもの。電子メディアとの距離は、スマートフォンなら30cm、パソコンでは40cm程度が適切だそうです。タブレットを操作するとき(ノートを取ったりするときもでしょうか)には、集中からかついつい前傾姿勢になり、画面との距離が近くなりがちなので、良い姿勢でいることも意識すべきことの一つかもしれません。


 最後に、「心配や不安なことは、人で悩まず、できるだけ早く近くの信頼できる大人に相談してほしい。デジタル社会を支えていく世代のみなさんは、"ネットに使われる"のではなく、"ネットをうまく使いこなす"すべを身につけて」と結びました。


 この日の講話は収録の許可をいただきました。在校生保護者のみなさんにも限定公開されますので、ぜひご覧ください。